2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
10:13:05
h27ゴーヤ初収穫h27ゴーヤ初収穫
今年の初収穫です。
当社大公孫樹の会で、境内で育てているゴーヤが初収穫となりました。
初めて出来たゴーヤを、御神前にお供えします。
神様の御利益を戴いて、立派に実が成ったゴーヤは、
まさに神様の稔りで賜り物です。
先ず、神様にお供えして感謝申し上げます。

「初穂料」の名前の由来はここにあります。
初めて出来た稲穂は、生産者ではなく
先ず感謝を込めて神様に召し上がっていただきます。
私たちの命を繋ぐ食べ物は、神様からの賜り物です。
その感謝の想いを、今では「初穂料」というお金で表すということで、
神様に対しての感謝の想いや、願い事に対しての
気持の大きさを表すことになります。
他の食べ物ではなく稲穂である理由は、稲穂は
「斎庭の稲穂の神勅(ゆにわのいなほのしんちょく)」
によって、神様から日本人の食べ物として賜った経緯があります。
一粒の種が万倍にも増える「一粒万倍(いちりゅうまんばい)」の
神様の世界の食べ物を、私たちはいただいているのです。

「斎庭の稲穂の神勅」とは、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、孫のニニギノミコトを
芦原中国(あしはらのなかつくに=日本のこと)を統治するため
高天原(たかまのはら)から地上に降ろします。
これを「天孫降臨」と言います。
そのときに、天照大御神が与えた神勅の中に
「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」というものがあります。
「神勅」とは神が与える命令、文章、言葉のことですが、
この神勅がどのようなことかと簡単に言えば、
「神々が住む高天原にある稲を授けるから、地上で稲作を行いなさい。」
というものです。
故に、天皇陛下も皇居にある田んぼで、田植えをや稲刈りを行っております。
また、神社では必ずお米をお供えします。

もちろんお米だけに限らず、全ての食べ物は神様の御利益で
立派に成長します。
ですから皆さんも「飲水思源」の言葉通り、感謝して頂いてください。
「お陰様で」という、大切な想いです。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/539-72347b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。