2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:14:04
久々にこの時期がやってまいりました。
しかし相変わらず日程が決まらない中での弾丸ツアーです。。
なので今回は、近くて遠い「名古屋」デス。。
名古屋と言えば、言わずと知れたB級グルメ「名古屋飯」。
で・す・が。
その前に、神社参拝です。。
名古屋を代表する神社「熱田神宮」
熱田神宮熱田神宮

熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。第12代景行天皇の御代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社(※)に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されております。境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。
(同神宮HPより)

個人的には、神社の杜が素晴らしいと思いました。
楠をはじめとする古木もありながら、きちんと管理の行き届いている
整然としている杜や御社に、神様の御神威を感じました。
熱田神宮HP https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

そしてその境内にあるこちらで、名古屋飯第一弾。。
「宮きしめん 神宮店」さんデス。。
きしめんきしめん
なぜか我が家に時々おいてあった「宮きしめん」をお店で
食べられるなんて知りませんでした。
というより、お店で食べられるほうが先なんですね。。
きしめんきしめん
意外とバリエーション豊富なんですな~~。。
しかし基本の「宮きしめん」で、お願いします。。
きしめん
半屋外のお店の中で、3分ほど待っているとお声がかかります。
きしめんきしめん
関東風の濃い口でも無く、関西風の薄口でも無い、
ハーフアンドハーフの汁に、きしめん独特の平たい麺。
その上に、遠慮無くかかっている鰹節が良い感じで香ってます。。
それでは、今回の無事を願って、いただきます!!
うっ!!美味ーーい!間違いない味です。
ピロピロ平麺に鰹香るちょうど良い汁が乗っかります。美味い!

宮きしめんHP http://www.miyakishimen.co.jp/04_shop/index.html

お参りの後の名古屋飯。。しかも熱田神宮の境内で
第一弾をいただけるなんて、御利益ありそうですね。
きっと今回も良き旅になりそうです。。
次回は「ひつまぶし」ですよ。。  つづく
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/527-0544b617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。