2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
07:15:24
先月は心をまっ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは4月の神様のコトノハです。
h264月神様のコトノハ

「神道は、本を立て、世を助け、人を救う」~大国隆正~
意味=神道の根本は、万物を産み給うた神様の心を重んずる心である。
   その教えは、世の中は助け合うものにして、互いに奉仕しあう
   ものである。則ち神道とは人を救うものである。
   世界中の人間が、神道=誠の心を、いつも心の中心に置いて生きていけば、
   良い世界が自然作られることになる。先ずは地域の神様を大切にする心を
   持ちなさい。それが自らを救うことになるのだから。

「中庸は徳の至れるものなり」~孔子~
意味=何事もやり過ぎてはいけない。かといって、遠慮しすぎるのも良くない。
   人と人は互いにむつみ和らぐもの。しかし互いに棘も併せ持っている。
   近づきすぎれば棘が刺さり、離れすぎれば理解し得ない。互いの距離感が
   人と人がつきあう上で大切なことなのだ。
   他人も、自分も「大切な人」だから、互いに思い合うことが必要だ。
   自分主体では無く、「大切な人」を思い遣る心を持ちなさい。

「人の命わずかの間なれば、むさき心底ゆめゆめあるべからず」~北条氏綱~
意味=人の一生はわずかな間だけです。そのわずかな人生のあり方を決めるのは、
   誰でも無く自分自身です。
   しかし、わずかな人生の生き方が、人に恥ずべきつまらない人生であったのでは
   いけません。
   満足行く生き方、自由な生き方とは、自分自身と社会に対して、堂々と
   胸を張っていられる、後ろ指をさされることの無い人生ということです。
   神様へお詣りしたとき、ご神前で手を合わせ、自分自身を鏡に写すが如く、
   心静かに身を振り返りましょう。きっと神様が誠の自分を教えてくれるはずです。


いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/469-c9f20996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。