2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:19:12
南三陸さんさん商店街は、昨年2月にオープンしたばかりです。
震災復興を掲げて、たくさんの方々の支援をいただいて始まり、
「南三陸町に来てください!」を合い言葉に、
イベントを重ねたり、新しい建物を建てたりと、
とにかく攻めの姿勢の元気印商店街です。。
h25総代会視察旅行h25総代会視察旅行
h25総代会視察旅行

並んでいるお店は、全部で30店舗ほどです。
土産店・食堂・日用雑貨店・魚店・電機店・整骨院・・・
とにかく何でもある、ちゃんとした商店街です。
h25総代会視察旅行
h25総代会視察旅行h25総代会視察旅行
h25総代会視察旅行h25総代会視察旅行
h25総代会視察旅行
すぐとなりには、大型バスが50台は駐車できるほどの駐車場があって、
観光バスがたくさん出入りしていました。
そしてニュースなどでも話題になっていた、
イースター島から送られた、本物のモアイが鎮座しています!!
h25総代会視察旅行
「南三陸町にチリ共和国イースター島からモアイ像が寄贈され、
 5月25日に同町の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」(南三陸町御前下)で
 贈呈式が行われた。(三陸経済新聞)

 寄贈されたモアイ像は、高さ約3メートル、重さ約2トン。
 同商店街で開催された式典には、イースター島代表、駐日チリ共和国大使も参列。
 式典では「魂入れ」として、像に目が入れられる「開眼式」も行われた。
 白目は白サンゴ、黒目は黒曜石でできており、制作した職人の手によって目が
 はめ込まれた。モアイ像にはもともと「目」があり、これが本来の姿だという。

 南三陸町とモアイによるチリとの友好関係は、1960(昭和35)年の
 チリ地震津波にさかのぼる。津波で大きな被害を受けた南三陸町に同年、
 防災と友好の証しとしてチリからモアイ像が贈られ、志津川地区の
 松原公園に設置された。「モアイ」という名には「未来、生きる」
 との意味があるという説もあり、同町のシンボルとして町民に愛されてきた。
 しかし、東日本大震災で像の頭部が流出。今回再び、チリ政府から像が贈られた。」
                          ~YAHOOニュースより~

h25総代会視察旅行
モアイで町おこしもしているらしく、グッズがたくさん売ってました。
モアイラベルのお酒も売っていたので、思わず買ってきてしまいました。。

南三陸町観光協会のスタッフブログです。
元気の源の皆さんが書いている、リアルタイム情報のひとつです。
是非ご覧ください。
http://www.m-kankou.jp/blog/

つづく
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/417-a02bc58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。