2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:59:18
先月は心をまっ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは6月の神様のコトノハです。
h25 6月の神様のコトノハ
「隗より始めよ」
意味=事を始めるには、人にあれこれ言う前に自分が積極的にやり出すべきです。
   大きな事を始めるには、呼び水になる小さなことから始めるとよい。
   些細なことに思えることでも、自らの実践によって他人の評価を得ることになる。
   大きな事を行うためには、小さな事から始めることが大切なのです。

「子孫に美田を残さず」~西郷隆盛~
意味=子孫に残すべきものは、お金や不動産などではありません。
   残すべきは「信用」です。
   西郷隆盛は美田を残すことは、子孫の自立を阻害することだと考えました。
   残した財産を食いつぶし、社会に貢献できない子孫を残すことは、
   己の教育不足であり、一族の恥を永遠に世に残すことだと考えたのです。
   現代においても、残された財産がある故に、家族親族で骨肉の争いを
   とめどなく繰り返しているという人たちが後を絶ちません。
   真に子どもや子孫の繁栄を思うのであれば、自分の為すべき事は、
   世間に顔向けできるようなまっとうな人生を送り、他人に一目置かれるような
   社会貢献をして、社会的な信用を得ることです。
   その信用があれば、子孫は容易に人の助けを得て、自身の活躍の場を
   より以上に広げられるのです。
   故に子孫に残すべき財産は「信用」です。
   一生かけて大切な信用を作ってください。

「あきらめないこと」~植村直己~
意味=植村直己さんと言えば、日本人初のエベレスト単独登頂に成功。
   さらに、同年、世界で初めて5大陸の最高峰全てを制覇、12,000km、
   犬ぞりで北極圏を単独走破などなど。
   冒険家として様々な挑戦と、世界に残る記録を打ち立てた人物です。
   その彼は、マッキンリー山で消息を絶ったのを最後とされましたが、
   その死後、国民栄誉賞を授与されました。
   その植村直己さんが残した言葉のひとつが、「あきらめないこと。
   ぼくがやってきたことはただそれだけだったかもしれない。」という
   言葉でした。
   どんなことも、どんなときも、目的は逃げない。あきらめるのはいつでも
   自分の方なのだ。本気で思うことを成すために最も大切なことは、
   まさに「あきらめないこと」なのかもしれません。
   
いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/413-86bafd5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。