2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:41:54
先月は心をまっ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは4月の神様のコトノハです。
h254月神様のコトノハ
「先祖の仕置きを我が儘に改むるは不幸の至りなり」~徳川家康~
意味=祖先から受け継がれた物は、簡単に手放してはならない。
   祖先から言い伝えられていることを軽んじてはならない。
   新しいことを考え、新しいことを始めることは大切なことだが、
   それは積み重ねで無ければ不幸なことである。
   祖先が大切に築いてきたことは、残され伝えられている言葉の
   中にこそ蓄積されている。
   日本の武道に伝えられる言葉に「守・破・離」という言葉がある。
   先ず「教えを守り、模倣によって全てを習得理解する」
   次に「全てを理解した上で、己の考えを足し引きし道を探る」
   最後に「全ての積み重ねの上に己の考えを重ねて新しい道を開ける」
   先人たちの残した言葉の本義を大切にして、道を違わぬようにせねばならない。

「君子は其の義を正して其の利を計らず」~論語~
意味=君子は、自らの義が正しいかのみに心を砕き、
   利欲などを考えること無く実践していく。
   義とは、私欲を捨てて人としての正しい道を歩むとうことで、
   義を貫くには、何時でも自らの義を省みて正し、
   自らの実践によって証明していかねばならない。
   正しい道は、自身の心がけと、師となる人や家族の
   厳しくも優しい言葉に律せられることが必要で、
   思うだけでは無く、自身の行動で示すことが大切なのだ。

「世の中の人の司となる人の身のおこなひよただしからなむ」
                    ~明治天皇御製~
意味=国家の官吏たる者は、多くの国民の模範となる人であるから、
   常に其の行いを正しくせねばならない。
   人を指導し治めてゆく立場にある人は、常に多くの人に
   見られている。その言動思想は、多くの人に影響を及ぼすことを、
   いつでも背負っていなければ、国を滅ぼすことになりかねない。
   そしてその立場にない人でも、やはり多くの人が見ていることを
   意識して、自らの行いを律していかねばならない。
   そのひとり一人の思いが、社会の慣習や規範を作っていくのだから。
   

いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/395-72d7b221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。