2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
07:17:09
先月は心をまっ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは2月の神様のコトノハです。
h252月の神様のコトノハ

「節分・紀元節・祈年祭」
意味=節分は春を迎える節目に祭を行う行事で、
    別名「追難式(ついなしき)」と言います。
    書いて字のごとく、「難」を「追い払う」儀式です。
    難を追い払うと云うことを広義で捉えて、
    悪いこと全てを追い払い、福を招く行事とされています。
    紀元節は神武天皇御即位の日とされ、国民の休日に制定されています。
    戦前までは、この日を祝うために、紀元節の歌が歌われました。
    ♪雲に聳(そび)ゆる高千穂の 高根おろしに草も木も
    ♪なびきふしけん大御世(おおみよ)を 仰ぐ今日こそたのしけれ
    明治6年に政府によって作られたお祝いの歌です。
    歌詞は4番までありますので、機会があれば聞いてみるのも良いでしょう。
    祈年祭は「としごいのおまつり」ともいい、
    一年間の五穀豊穣をはじめ、ありとあらゆる商工業が発展しますようにと、
    神様にお願いをするとても大切な行事です。

「質実欺かざるを以て要と為し、巧詐過を文(あやど)るを以て恥と為す」
                       ~吉田松陰~
意味=質実で他人を欺くことの無いことを眼目とし、巧みに言いつくろっては
   己の過ちを取り繕うことを恥と考えることが、公明正大作る基である。
   他人に嘘をつかず、自分を誤魔化さず、しっかりとした自分を造っていく。
   自分に自信を持つためには、嘘やごまかしでは納得いくはずなど無い。
   しっかりと自分を鍛え上げ、強い自分の根幹を作ることが大切です。

「伊勢の宮に詣づる人の日にましてあとをたたぬがうれしかりけり」
                        ~昭和天皇御製~
意味=本年平成25年は神宮の式年遷宮の御年です。
   お伊勢様は、私たち日本人の祖神様です。
   平成17年の山口祭に始まった、御遷宮に関わる様々な行事も、
   いよいよ神様が新しい御宮にお遷りになる遷御の儀にむけて
   最後の祝いの年となりました。
   お伊勢様の有り難い御利益を戴きに、そして御遷宮をお祝いしに、
   お伊勢参りをしましょう。



いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/383-dd8e0dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。