2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
08:49:35
先月は心を真っ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは4月の神様のコトノハです。
h244月神様のコトノハ

「蛟龍(こうりゅう)雲雨を得ば、つひに池中(ちちゅう)の物に非ざらん。」
                         ~三国志「呉書」~
意味=池に潜む龍がやがて天に昇るように、
   いつかは大人物になる素質を持っていること。
   新年度を迎え、あらたな人たちが世間の荒海に乗り出してゆくときです。
   大きな志があるからこそ、大業を成し遂げられるのです。
   頑張って、生き生きと、社会に挑んでいきましょう。
   呉の周瑜(しゅうゆ)が蜀の劉備を評して言った言葉。
   「劉備は梟雄(きょうゆう・荒々しく強い)の相があります。
    しかも配下に関羽や張飛のような勇猛な将がいるのだから、
    いつまでも人の風下に甘んじている男ではありません。
    池の中にすむ魚とは違い、龍が昇天するように、時機を得れば、
    いつか天下に名をとどろかせるような人物になるでしょう」 と言い、
    今のうちに策をもって劉備を屈服させるよう孫権に進言したが、
    聞き入れられなかった。

「独り立つ身となりし子を 幼しと思ふ親の心なるらむ」~明治天皇御製~
意味=いよいよ独り立ちするところまで子どもを育てた親心とは、まさに感慨深い
   ものであり、今までの苦労が報われたような思いがあると同時に、
   巣立つ子どもの背中に幼さを感じて不安に思ってしまう物である。
   いつまでも親にとって子どもは子どもであり、子を思う親心には敵わない
   ものである。

「凡そ、人のかしこきもおろかなるも、良きも悪きも、父母の教えによる事なり」
                            ~吉田松陰~
意味=父母の教えというものは、子どもの人生を左右するほど大切なものである。
   人の親になり、ふと気付けば、教わりもしなかった親の教えと同じ教えを、
   自分の子どもにも教育している。また、年老いてみれば、ふとした癖が
   自分の親と同じであったりする。
   あえて教育するようなことが無くても、傍にいて話をして、同じ時間を
   共有し、あるいは身体に流れる血が、親の心を引き継いでいる。
   だから、子どもの功罪は親の責任であり、自らの反省材料とすることがよい。
   その反省が再び、子どもの教育となり、その孫たちへ引き継がれていくのだ。


いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/314-203ce537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。