2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:41:48
先月は心を真っ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは12月の神様のコトノハです。
h2312月神様のコトノハ

「誠は神の心なり」
意味=私たちの心は「善と悪」が入り交じっています。良き心と悪き心とは何か
   ということを突き詰めて考えると、その境目ははっきりしません。
   物事は多面的に考えねばならず、ひとつの気持の中には良い面も悪い面も
   ある場合が多々あります。
   しかし、その善悪を判断し制御するのは、その人の心以外には何ものでもなく、
   善の方向へ自らを導くためには、昔から大切にされている日本の神様の心
   「誠」を自らの判断基準にすることが一番善いことである。
   迷ったときは感情に流されず、神様の誠の心に添っているかを、神様の前で
   しっかりと確かめると善いでしょう。

「国民ひとり一人が、被災した地域に長く心を寄せ、
        地域の復興の道のりを見守り続けていく」~今上天皇陛下のお言葉~
意味=本年3月11日に発生した東日本大震災に際し、私たちがこの未曾有の大震災を
   どのように受け止めて、これから歩んだらよいのか。
   そのことを天皇陛下が、震災発生直後に発せられたお言葉のひとつです。
   震災発生から9ヶ月が経った今現在、私たちは陛下のお言葉の優しさを痛感し、
   復興までにはまだほど遠い現実を、あらためて見直して、自身の行動を起こして
   いかねばなりません。

「徳を以て徳に報いる」
意味=他人から受けた即物的な恩は、恩をいただいた本人に返すことは
   大切な人の道である。
   そして、心の底から有り難いと思える「神様の御恩」に報いるためには、
   奉仕の心で神様にお返しする必要がある。
   それが神様でなくて、他人からの徳による恩であれば、今度は徳を施した本人
   ではなくて、別の人や世間に対して徳を施すことが、
   本当に徳に報いるということである。


いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/283-fafb1016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。