2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
06:00:00
先月は心を真っ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは7月の神様のコトノハです。
7月の神様のコトノハ

「悪木盗泉(あくぼくとうせん)」
意味=どんなに苦しくとも、道に背くようなことはしない、近づかないこと。
   のどが渇いても盗泉という名のついた川の水は飲まず、
   暑くとも悪い木のかげには休まないの意志のある人は、
   決して不義をしないことをいう。
   先の東日本大震災において、日本人として際立った良いところのひとつが、
   苦しいときにこそ、自分の苦しさを訴えるよりも、他人を労ることができる
   心があるところです。
   今回のような震災だからこそ、本来の日本人の良さに気がつき、大切な心を
   意識するようになれたのかも知れません。どうかこの気持ちを忘れずにいて
   欲しいと願います。


「幾そ度 かき濁しても澄みかえる 水や皇国(みくに)の姿なるらむ」
                        ~八田知紀・しのぶぐさ~
意味=水は一度濁っても、やがては澄み清くなるように、日本の今この時代もやがては
   落ち着くところに落ち着くであろう。日本の長い歴史はそのようなことを繰り返し
   今現在があるのだから。
   大変な今の時代を思うと、すぐにすぐにと思いがちではあるが、永い目で見るべき
   大切なこともあることを思わねばならない。


「どうあがいてもだめなときがある。手を合わせるしか方法がないときがある。
           本当の目が開くのはそのときである。」~相田みつお~
意味=人ができることには限界がある。限界まで頑張って頑張って、なおできないことが
   人生の中には幾度もある。そんなときには神頼みをするしかないと、人ならば
   思うことである。
   だが、それこそが「本当のこと」を理解する至上の機会なのである。そのときに
   お陰様の心を知ることができたなら、他人を労る心を知ることができたなら、
   それはきっと神様が与えてくれた、有り難い御利益なのです。


いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/243-a5ae1f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。