2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:01:46
総代会研修視察旅行in出雲。最終回。。
さあさあ、3回に渡ってお伝えする視察旅行も最終回となりました。

参拝した神社は「白兎神社」です。。
出雲参拝視察旅行
書いて字の通り「白うさぎ」を祀る神社です。
そしてもちろんただのウサギではなく、神話に登場するウサギです。。

・・・むか~し昔のことじゃった。
 山の方に住んでいた1匹の白ウサギが、ある日川に流されて海までたどり着いて
 海に浮かびながら何日も何日も漂っていたところ、1匹の鰐を見つけたそうじゃ。。
 ウサギはその鰐をだまして岸に上がろうとしたところ、嘘が鰐にばれてしまい、
 怒った鰐たちに全身の毛をむしられて、丸裸にされてしまったのぢゃ。。

 全身丸裸に剥かれた白ウサギは、痛さのあまり海岸の砂浜に
 一歩も動けずにいたそうぢゃ。
 そこに通りかかった数名の出雲の神々は、
 「まず、潮水でその身体をごしごし洗い、甲羅干しになっていれば元通りになる」
 と、白ウサギに教えてやると、ウサギは喜んでその通りにしました。ところが、
 痛さは増すばかり、真っ赤な肌はひび割れて、悲鳴を上げて痛がったのぢゃ。。

 次に通りかかったのが、大きな袋を肩に掛けた大黒様(大国主命)ぢゃった。
 大黒様は白ウサギに兄神たちの非礼を詫びて、次のように教えたのぢゃ。
 「真水でその身体をきれいに優しく洗い、蒲の穂を敷いた上に寝ていれば直る」
 と、教えてあげたのぢゃ。白ウサギはその通りにして元通りになったのぢゃ。


出雲参拝視察旅行出雲参拝視察旅行
と、その白ウサギを祀った神社なのです。。
そしてその白ウサギは、大国主命と八上姫命のご縁を予言してくれたのでした。
右側の写真は、その情景を砂の彫像でつくった作品です。スゴイですね。。

こちらの神社は海岸沿いにある小さな神社なのですが、昨年末の「行く年来る年」で
卯年の関係で取りざたされて、今年のお正月は4万人の参拝者でごった返したそうです。
神社の入り口のすぐ脇に道の駅もあって、いったときも参拝者がたくさんいました。。

さて、もうひとつ番外編の参拝神社が・・・。
出雲参拝視察旅行
まぁ、この写真で判る方は少ないと思います。。
こちらの神社は、「妖怪神社」です。
境港の鬼太郎ロードに鎮座する神社で、奥に写っている茶色い石の柱に
妖怪たちが依りつくということだそうです。。

妖怪といえば、神様の廃れた姿という話があったりします。
そう思うと、ぞんざいには扱えないですよね。
皆さんも妖怪とであったことありますか?私は幼い砌に、一度だけ会いましたよ・・・。
みなさんも一度ぐらいは、妖怪と会う機会があると良いですね。。

終わり
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/241-72395196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。