2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
14:53:00
6月19日は父の日です。
母の日に隠れがちな父の日は、昨今の世の中での「父」の立ち位置を
なんとなく現しているように思うのは私だけでしょうか?ね~~?

現在上映中の映画「プリンセス・トヨトミ」は、
日本の大阪が、実は明治維新以来日本の国から正式に認められた「大阪国」という
独立国家であり、その事実が大阪府民だけに、親から子へ、そしてまたその子へ
脈々と伝えられ、その頂点にいる豊臣秀吉の末裔を守り伝えるために「大阪国」がある
、という面白くも荒唐無稽な設定から始まります。

さて、その映画の中には「父とはどのようにあるべきか」
という大事な命題が描かれてます。

映画の中では「大阪国」と「プリンセス・トヨトミ」の存在を伝えるために、
大阪通天閣のある天王寺あたりから大阪城までまっすぐつづく地下通路を、
自身の死期を感じたときに、自分のこどもを連れて二人で歩くことを、
大阪国民の男は義務づけられているのです。
だからその地下通路を通るときは、人生の中でたった2度だけ。
「父親の思いを託されるとき」と「自らの思いを子どもに託すとき」なのです。



皆さんも「父親」あるいは「母親」と、同姓の親とじっくり話す機会って、
なかなか無いと思います。
プレゼントをしたり、一緒に食事をするだけが「父の日」ではないかもしれません。
じっくりと親の思いを話してもらう機会に、今度の「父の日」をしてはどうでしょうかね。。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://imamiyajinja.blog61.fc2.com/tb.php/238-61c033c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。