2015/07«│ 2015/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2015/09
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:41:00
私たち神道の世界観には、2次元も4次元もありません。
神様の世界や死者の世界は、私たちが生活している現世と
隣り合わせであって、異次元の世界ではないのです。
つまり、同じ空間、同じ地平、同じ国や町の中に、ご先祖様や
神様が生活しておられると言うことです。

さて、今月8月は、一般的に「かまぷた」といって、地獄の
釜の蓋が開いて、亡者がわんさかこの世にでてくるそうです。
なので、海や山や川に行くときには、その亡者たちに引っ張られる
かもしれないので、特に気を付けねばならないのだそうです。

しかし神道の世界観では、8月に限ることなく、ご先祖様達は私たちの
すぐそばにいたり、同じ地域で生活しているのです。
私たちの目には映ることがなくても、同じ空間にたくさんのご先祖様達が、
この世に未練が無くなるまで生き続けているのです。

そして、「あぁ。俺がいなくてもみんな楽しく暮らしていけるんだ。なんか
ほっとしてきたなー」というような想いが強くなっていくと、その地域の中で
最も高い山に続く川から、山肌を流れる渓流を通り、その山のてっぺんから、
遠い祖先の魂とひとつになり、もはや個人ではなく、祖先の御霊として一族を
永遠に護っていくと言います。

さて、昔から夏の風物詩としてテレビなどで「恐怖の心霊」的な
番組をよくやります。
その際に「この心霊はこの世に恨みをもって・・・」みたいなコメントが
入りますけど、神道の世界観からしたら、
「はぁ?なに勝手に怖いものにしているの?」
と思ってしまいます。
だって、そこら中にご先祖様や亡くなった方がいるんだから、
たまたま写真に写ったってどうということでもなく、恨みがあってなどと、
とんでもないことですよ。。

でも、「心霊スポット巡り」などと、住んでいる場所の近所で不要に騒がれたら、
ご先祖様だって普通に怒りもします。生きている私たちだって、
もし近くに知らない人が突然来て騒いだりしたら、当然怒りますもんね。
気を付けてくださいませ。

さあ。それを知った上で、何度か登場させているこの写真。どう思いますか?
h27大祓い予告
スポンサーサイト

06:43:34
先月は心をまっ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは8月の神様のコトノハです。
h278月の神様のコトノハ

「管仲随馬(かんちゅうずいば)」
意味=管仲が戦いの帰り道で道に迷ったとき、
    一度通った道を覚えているとされる老馬の
    知恵を借りようと、この馬を放ってその後に従い
    道を見つけることが出来た。
    管仲のような知恵者でさえ、馬野知恵を頼るのに、
    人が聖人千恵を頼らないのは慢心のなせることだ。
    先人の知恵を尊重するという例えとともに、人には
    得手不得手があるという意味にも使われる。
    己の力や知恵がいつも正しいとは限らない。世界は
    とてつもなく広く、己はとても及ばないと認識しなさい。
    そのとたんに世界はあなたの手の中にあふれ出し、
    あらゆる知識をあなたに教えてくれるだろう。

「機会は魚の来るのと同じである」~岩崎弥太郎~
意味=魚は招いても来るものではない。来るときに来るものだから
    日頃よりちゃんと網の用意をしておかねばならない。
    機を見てせざるは勇無きなり。というが、勇を示せる心の
    準備をいつでもしておかなければ、機を逃してしまう。
    常に自分を鍛え上げ、最高のパフォーマンスを発揮して、
    最高の結果を得られるようにしておかなければならない。
    構えている必要は無いが、力量を高めて準備をしている
    ことは大切である。

「未来を語る前に 今の現実を知らなければならない」~ドラッカー~
意味=己を知りて敵を知れば百戦危うからず。しかし己を知らなければ
    戦いにすらならないことは必定である。
    いかな未来を思い描いても、スタートは今の現実からでしかない。
    自分の立ち位置や力量を先ず確認して、どのようなルートを通れば
    目的に達することが出来るのか考える必要がある。
    それがどれほど惨めだろうと、とてつもなく低い場所にいようと。
    だが自分の非力を嘆いてもしかたない。そこを知ることがスタートである。
    しっかり頑張ろう。



いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝

プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。