2013/02«│ 2013/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/04
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:51:23
さくらーぁぁひら~ひら~ぁ舞い降り~ぃてーおーぉちて
                    
h25桜満開


ゆぅうーれるー思いの丈ぇーーをだぁーきしーめたー
キミと春に願いしあの夢は
今も見えているよーー

さ・く・ら~~ まいち~~ぃるぅ~~~

                       byいきものがかり
h25桜満開  h25桜満開
ただ今満開です。
本日は花冷えの土曜日。
そして明日は花散らしの雨になりそうです。

来週いっぱいが見頃でしょう。桜の散る様が悲しみを誘います。
神様を大切の思う心が、日本人のあるべき姿です。
どうか想いを引き起こしてください。
スポンサーサイト

14:20:12
今年も当社境内の桜が開花しました。
神代曙桜。河津桜。これから一気に開花して、
約2週間ほど見頃を迎えます。綺麗ですよ。。
どうぞ、御参拝くださいませ。
        h25桜

h25桜    h25桜

h25桜h25桜   
桜前線が北上と共に、私たちも東北目指しましょう。
「東日本大震災の語り部」の方々の話を聞くツアーもあるみたいです。

14:25:57
梅
梅が咲きました。境内の一画に生えている梅が、
やっと咲きましたよ。
まだ、5輪ほどしか開花していませんが、
春を感じますね。。
 梅  梅
昨年は、4月頭に開花して約1週間で満開でした。
その前は3月末頃開花。その前は3月中旬に開花。

毎年開花時期が大きく違うので、いろんな事を心配してしまいますが、
今年は大丈夫でしょうかね。。
でも今年は「五黄土星」が、方位盤の中宮に入っている年です。
「五黄の年は荒れる」という言い伝えもあるみたいなので、
あまり安心できません。かといって、人の力ではどうにもなる物でも
無いので、私たちに出来ることは神様に祈ることだけです。
「どうか大きな災いが無く、無事に過ごせますように」デス。。
個人のお願いの他にも、世の中の良きことを祈るのも良いことです。

さて、桜はといいますと、右側の写真です。。
まだまだの様子。。
予報に因れば、宇都宮開花宣言は3月27日です。
花芽はたくさんでていますから、楽しみにしていてくださいね。。

14:22:14
暖かい
暖かい日です。
本日あたりから、しばらく続くようすです。
お出かけしたら、のんびりと神社へお参りしましょう。
神様に話をしに行きましょう。
良いことも、悪いことも、楽しいことも、悲しいことも、
心に思うこと全てを神様にお話ししましょう。
素直な気持ちで心を開けば、きっと道を指し示してくださいます。
心のコリをとってくれます。

もうすぐ、3月11日です。
2年前のこの日に大変なことが起こりました。
その時のいろいろな思いを、思い出しましょう。
時が経つと、忘れてしまいがちな大切なことに気がつくはずです。
神社詣りをしましょう。

15:13:59
先月は心をまっ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは3月の神様のコトノハです。
h253月神様のコトノハ

「天知る 地知る 我知る 人知る」
意味=誰も知らないと思っていても、誰かに見られている。
   それは先ず神様が見ていらっしゃる。神様は全てご存じなのだ。
   そして祖先の霊(御祖先神)や近しい人たちが見て知っている。
   そして何より、事を為した自分自身が一番知っている。
   そして他人は何も言わないかもしれないが、いつも誰かが見ている。
   悪いことも、良いことも、しっかりと判断せねばならない。
   善行はいつか必ず報われるし、悪行はいつか罰せられるのだ。

「上善は水のごとし」~老子~
意味=最高の善は、水のような物である。
   水は万物を助け、育てて、自己主張せず、誰とも争わず、
   自由に収まるとこに収まってゆく。
   それが自然の摂理であって、自然の流れに身を任せることが
   道教における真髄であるともいえます。
   しかし人間は、他人との関わりで生きていくものです。
   無欲に生きることは、命の賛歌を否定するに等しいものです。
   しかしそれと同時に、歓多くして哀愁深しという事も起こります。
   楽を求めるあまり、それが自身の破滅に繋がり命を縮めることにも
   なりかねません。
   そのバランスをとる為の基準が、神様の御教え「誠の道」なのです。

「独り立つ身となりぬとも おほしたてし親の恵を忘れざらなむ」
                   ~明治天皇御製~
意味=社会に出て独立することが出来る身分になっても、
   養育された親の恩というものを忘れぬようにせよ。
   この時期に多くのこども達が社会の荒波に漕ぎ出します。
   ついついひとりで育ったような気になって、親の御恩を忘れがち
   になってしまいます。
   しかしまだまだ若鳥の身です。慢心せずに、親を大切の思いましょう。
   親に感謝の思いを持ちましょう。


いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝

プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。