2010/04«│ 2010/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/06
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:47:39
当社創建950年祭記念事業「楼門屋根修理」がはじまりました。

足場をかけないと上れません修理が始まりました
当社の楼門は、江戸時代末期に造営されたものです。
造営当初は茅葺きでしたが、その後こけら葺き、銅板葺きと姿を変え、
現在に至っています。
しかしながらそれも老朽化して、屋根の銅板がはがれはじめてしまいました。
そこで、地元の屋根屋さん「高城ルーフ」さんに依頼して詳細を
調べてもらったところ、軒の部分は下地から修復が必要との判断をいただきました。
そして、さくら市文化財の指定を受けているので、
文化財係の方にも見聞をしていただいて、ようやく修理がはじまりました。。

文化財を後世に残していくのは、
もちろん国や県や市町村の行政の協力が不可欠です。。
そして何よりも大切なのは、「残そうという気持ち」なのです。。
「古くなったからもういらない」とか、「お金がかかるからやる必要がない」とか、
そんな気持ちが優先したのでは、後の世になど何も残せないのです。。
どうか皆様。
大切なものを守り、後の世にしっかりと残していただけますようお願いいたします。。
滅多に撮れない写真です。。

スポンサーサイト

16:14:28
さくら市地元美味いものシリーズです。。
今回も中華。。そして2回目の登場です。。
八百藤飯店」さん。。
入り口
氏家駅から町中の商店街へ抜ける「琴平通り」に営業しています。。
リーズナブルな値段で、美味しい中華が食べた~い!と思ったら、ここがオススメ。。
そして第1回目の地元美味いものシリーズは、このお店でしたね。。

エビチリ青椒牛肉絲
エビチリと青椒牛肉絲は欠かせません!
小エビチリなはずですが・・海老がでかい!
この日は飲むのが中心のため、ご飯ものはありませんが、ご飯が欲しくなります。。

春巻き餃子
麻婆豆腐ワンタン
春巻きサクサクでウマっ!こども達も大好き。。
このお店の餃子サイコー!!ここへきたら是非食べてください。。
肉肉でもなく、野菜ゴロゴロでもなく、絶妙に混じり合ったハーモニーの具が美味い!
アイラブ麻婆豆腐デス。。やっぱりご飯も欲しいです。。
ワンタンといえばワンタンラーメンですが、こちらはワンタンスープ。。
飲み過ぎた身体に、やさしく染み渡ります。。

八百藤さんは、氏家で古くから営業しているお店です。。
もしかしたら、氏家在住の方で利用したことがない人がいない、
かもしれないほど地元に親しまれたお店です。
是非行ってみてくださいね。。

住  所  さくら市氏家2434
電  話  028-682-2203
栃ナビHP http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=8828


09:57:52
石灯籠とケヤキ 参道と楼門 大公孫樹

季節の移り変わりが目に見えて、芽吹いたものが育っていく美しさが感じられます。

澄み渡る空の合間に降る恵みの雨は、命の源となりあらたな季節の到来を予見します。

「一雨ごとの暖かさ」

神様の懐内で生かさせていただいていることをただただ有り難く思い、

深遠な宇宙と広大な世界の隅から隅までに充ち満ちている神様の気を、

一粒の雨水と、高く広がる大空と、緑深くなる神様の境内に見いだして、

ときどき、小さく縮んだ心を広げるために、

どうぞお参りにおいでください。

良い季節です。

11:47:02
地元さくら市美味いものシリーズです。。
2回目の紹介です。。「イタリア食堂カミヤマ」さん。。
イタリア食堂カミヤマ
食べブロにも力が入ってきた以上は、ちゃんと紹介しないと!!
ということで、再登場のお店です。。(とか言って、ホントは食べたいだけ(笑)
前菜パスタ
パスタピッツァ
「前菜3種盛り」、「チーズたっぷりトマトソースパスタ」
「ウドと若芽みそソースのパスタ」、「マルゲリータピッツァ」
今回はランチタイムメニューで食べてきました。。
3段階の値段設定コースで、1000円ぐらいのランチをいただきました。
パスタもピッツァもメインも、それぞれ3種類程から選べます。。
パスタは細麺。ピッツァも絶品。。お薦めです。。

ドルチェ
デザートがスゴイ!ご覧の通り、少しづつ6種類が楽しめます。。
女の子に受けそうな感じです。。うっ美味い(^O^)

氏家駅のすぐ近くのお店です。。電車の時間に合わせて、ゆっくり来ても大丈夫なお店です。。
住所:栃木県さくら市氏家1852
電話:028ー682ー2635



09:59:47
さくら市地元美味いものシリーズです。。
今回は「中国烹調 三元閣」さんです。。
三元閣
さくら市近辺で、ちゃんとした中華料理を食べようと思ったら、
もうココしかありません。
ご接待から、家族De中華から、法事や会合まで、どのようにでも大丈夫。。

ウーロン茶老酒
「毛蟹王ウーロン茶」「紹興酒」
ウーロン茶・・けっ毛ガニ?などと思いつつ飲んだところ、うっ美味い!
これがあれば、黒烏龍茶などものの数には入りません。。
紹興酒は、普通から高級まで5種類ほどあります。

若鶏の唐揚げ大海老マヨ
青椒牛肉絲海老あげパン
「油琳鶏 ユーリンチー(漢字ちがうかな?)」「大エビマヨ」
「青椒牛肉絲 チンジャオロースー」「海老揚げパン」
油琳鶏が絶品!!!!
フライドチキンは油くさいしベチョベチョだし・・。とお思いの方、是非食べてみてください。
中国の調理方法のすばらしさ。。味わってください。。
エビマヨはぷりぷり。。青椒牛肉絲は野菜シャキシャキで、肉柔らか~~。。
海老揚げパンは、塩コショウでいただきます。。子どもも大好きメニューです。。

あんかけ焼きそば翡翠ラーメン
ラーメン
「あんかけ揚げ焼きそば」「ニラ翡翠麺」
「ハーフラーメン」
あんかけ揚げ焼きそば。めずらしく太麺です。優しい味でウマ~~。。
ニラ翡翠麺は、塩ラーメン仕立て。。ニラの臭みもなく、さっぱりと食べられます。。
ニラはさくら市の特産品ですよ。。地産地消です。。
ハーフラーメンがあるところが良い!!
一杯は多すぎ。の方や子ども向けに、とても良いサイズです。。
オーナーの、心配りが感じられます。。

オーナーはとても気さくな方ですが、一方で中華料理後継者の育成もしています。
お弟子さんの中には、もう宇都宮にお店を構えている人もいます。。
素晴らしいですね。。

住所     さくら市草川11-2
栃ナビHP  http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=1738

14:52:16
本日は「憲法記念日」デス。。
昭和27年5月3日に、日本国憲法が施行されたのを記念して
国民の祝日として制定されました。
ウイキペディア「憲法記念日」参照です。

そして明後日は子どもの日。
法律では、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、
母に感謝する」ことを趣旨としている。と、書いてあるようです。
5月5日が子どもの日なのは、大正時代に「児童愛護デー」として活動を
行っていた団体がいて、国会に祝日を請願する動きがあったからということらしいです。。
五月晴れです。 天鷹 大吟醸 吟翔
最高の五月晴れです。。気持ちの良い日が続いています。。
神社へお参りの参拝者も、結構たくさんいらっしゃいます。。
気持ちの良い日のお参りは、きっと神様も気持ちよくお迎えいただけるものと思います。

さて、5月5日は子どもの日ですが、「端午の節句」です。
男児に限らず女児でも、健やかなる成長を祈願する日です。。
「鯉のぼり」「菖蒲湯」「柏餅」「ちまき」は風物詩です。。
出来る限り、この日に体験しましょうね。。
ところで「端午の節句の由来」について、面白いサイトを見つけました。。
http://www.bite-japan.com/kako/saijiki05-j.html

これによれば、五月(さつき)=サ月(神様が山から田に降りてくる月)だというのです。
前の日記に「サクラ」「サケ」は、「神様の座」「神様の食べ物」ということを書きました。
そしてこれらの「サ」は、山の神=田んぼの神であるという記事も見つけました。。
http://blog.goo.ne.jp/hardsix/e/540040751aa668cc19ed07a4eb379a6d

なるほど、ナットクな記事ですので、是非読んでみてください。。
そして、今月はとても大切な月なのだ、ということを認識していただいて、
お酒の席でのひと演説にお使いください。。
「おぉ~!」という声と共に、ちょっと鼻を高くできるかも(笑

14:32:07
先月は心を真っ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは5月の神様のコトノハです。
5月の神様のコトノハ
「拳拳服膺(けんけんふくよう)して之を失はず」
意味=両の手で大切に捧げ持つように、いつもしっかりと
    心に刻みつけて忘れず、その徳を失わないようにすること。
    人としての達するところは、之則ち《中庸》なり。
    過ぎること及ばないことのないことを選んでいくことはとても難しいことです。
    そしてそれを体現することが、ひとつの道の極まりであり、
    忘れることなく心に刻みなさいと、孔子は弟子に説きました。


「性相近し 習相遠し」~孔子~
意味=人の生まれもった天性は似たり寄ったりでそれほど相違ないが、
    その後の習慣、教養で大きな隔たりが出来てしまう。
    習慣は第2の天性となるから、環境や教育に注意しなければならない。


「ものごとに おごる心を祓いみば いづれの神か障りあるべき」~卜部兼邦~
意味=《祓い》とは、先ず「俺が俺が」という「我」を祓い去ることに尽きる。
    世の中にもろもろの障り・祟りがあるとすれば、それは自身の不遜さ傲慢さが
    廻り廻って自分に来たものに他ならない。
    だからあらゆる事柄に対し、傲慢不遜な心を捨て、清浄・
    正直な心を持ってあたるなら、どこに障り祟りのある神様があるであろうか。
    我を捨て正直な心を持つことが、障りのない人生を獲得する唯一の道である。




いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝

   

プロフィール

今宮ぐうじ

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。