2009/09«│ 2009/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/11
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:26:32
献幣使参向のうえ例祭が斎行されます。。
大変遅くなりましたが、例大祭の報告です。。
予定通りとても良い天気に恵まれ、事故もなく、滞りもなくて、
とても素晴らしい例大祭をご奉仕させていただきました。。
神様の御利益です。。
ありがとうございました。少しでも、神様の御心に添うようなお祭奉仕が出来たでしょうか?
氏子のみなさんの懸命なご奉仕が、少しでも神様に伝わると良いと思います。。

良い天気に恵まれました


たくさんの氏子のみなさんに、渡御の道すがら、お出迎えをいただきました。。
年ごとに、沿道の人たちが増えていくように感じます。
嬉しい限りです。。

神社へ帰り着いたのは午後6時頃でした。。おつかれさまでした。。
行列が神社に着いたのは、もう6時近くになってしまいました。。
真っ暗です。。でも、明かりを付けての雰囲気も良いものです。。
お囃子の音に導かれて、神社へお還りになる神様の行列は、特別な雰囲気があります。。
真っ暗な中でも、たくさんの人たちが、沿道でお迎えをしてくれました。。


来年は、創建950年祭です。。
特別な年なので、特別な行列と特別なお祭です。。
どうぞお楽しみに。。
みなさんお疲れ様でした。。また宜しくお願いいたします。。
スポンサーサイト

15:50:53
宮元の馬場にお住まいの皆様です。。お疲れ様でした。。
こちらの写真は、当社宮元である馬場地区にお住まいの勇士たちです
例大祭のご準備、毎年ごくろうさまです。
やっぱり、神様ごとをご奉仕したあとは、いい顔していらっしゃいますね。。
活気に満ちあふれているお顔です

本日は例大祭の準備で、各町ともに忙しくされていることでしょう。。
本来は、昨晩と今夜は、今宮神社のお祭りのために、「おひまち」の日です。。
「おひまち(お日待ち)」とは、書いて字のごとく、朝陽を待つということなのですよ。。
一晩中斎戒潔斎(さいかいけっさい)をして、俗世の穢れをお祭に持ち込まないように、
会所や斎館などでお籠もりをするのです。。

まあ、今はそこまでやるのは神主ぐらいな物ですけどね


準備は万端。天気も上々。私たち人間が出来ることは出来るだけやりました。。
あとは神様に、サイコーの例大祭をご奉仕させてくれと祈るばかりです。。

10:22:24
まさに野試合!!

天候にも恵まれて、最高の剣道大会でした。。
今年で36回目を迎える本大会ですが、こども達にとって思い出に残る剣道大会になるのでは、
といつも思っています。
剣道大会を始め、多くのスポーツ大会は、そのほとんどが選抜制度です。
大会を高め、選手の向上心を煽るためには当然のことだ。・・・とも思いますが、
それって、つまるところ、強くならないと大会に出られない!?ってことなんじゃないですか?
高校野球なんかはその代表格で、テレビカメラに写り、日の光を浴びている選手達の下には、
数え切れないほどの選手達が、控えの憂き目を見ているのです。
まあ、当たり前なんですがね(-_-;)

でも当社で行われる大会は、強い人も弱い人もなく全員参加の大会です。
そして参加人数が少ないので、ほとんどの人が賞状やメダルをもらえます。
「な~んだ、そういうことか~」と思われる方もいるとは思いますが、
こども達にとっては、そのことがとても励みになるのです。。(*^_^*)
当社の大会は「青少年健全育成」が目標です。
この大会にかつて参加したこども達が、今の大会を運営している側にいるのです。。
この素晴らしい連鎖が、末永く続いていきますように祈っています。


さて、話は変わりますが、いよいよ当社の例大祭が目前に迫ってきました
これから渡御祭です。。
当社例大祭は毎年10月19日です
午前10時より社殿にて例祭。正午より発輿(はつよ)。渡御祭が始まります。
本年は月曜日ですが、ぜひ見に来てください。
当社の神様の御利益が、たくさん振りまかれます。。お楽しみに(^^)/

19:26:07
田母神さん
↑画像をクリックすると、素敵なお顔がわかります(~o~)

「日本をいい国といって何が悪い」
というのが、講演会のタイトルです。。
先月のことですが、超有名な田母神さんの講演会を、栃木県で拝聴することが出来ました。
田母神さんのおっしゃること、いちいちごもっともです。
日本人が自らの国を、国際社会の中で「良い国」とはっきり言えないのでは、
まったくけしからんデス(-_-;)
先の大戦から60年以上の年月が過ぎていますが、
その爪痕は日本人の心に深く深く刻み込まれてしまったのですかね?
自分の国をいい国と言えないのでは、日本人はどこを向いていいのか判らないですよね!
もっと自分の国の良いところを、日本人が自覚して誇りに思ってほしい物です。。

17:41:05
先月は心を真っ直ぐにして生活できたでしょうか?
それでは9月の神様のコトノハです。

10月の神様のコトノハ

「前人樹を植えて 後人涼を得」
意味=昔の人々のおかげで、後世の人が楽を出来るのだから、
    その恩を忘れてはいけない。
    また、今の人が努力することで、子孫がその功績を心に刻むことが出来るのだから、
    しっかりと後世のことを考えて事を成さなければならない。

「水到りて 渠成る」
意味=水が流れてくれば、自然に溝が出来る。
    転じて、学問を究めれば、自然と人としての道も修まる。また時節が来れば、
    物事が自然と出来上がる。

「人多き人の中にも人はなし 人に成れ人 人に為せ人」
意味=人というのは神様の御利益によってこの世に生かされている。
    しかし世の中のたくさんの人の中に、そのことを自覚して
    感謝の気持ちで生きている人がどれだけいるであろうか。
    そして、感謝の心は自らの実践だけではなく、隣人・万人に理解してもらうことで、
    よりいっそう大きな道となっていくのだ。



いかがですか?今月のコトノハは?
この神様のコトノハを心に置いて、
こころを浄く明るく正しく直くして生きられる糧にしてください。

                              宮司 再拝
 

プロフィール

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。