2017/01«│ 2017/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2017/03
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:41:00
私たち神道の世界観には、2次元も4次元もありません。
神様の世界や死者の世界は、私たちが生活している現世と
隣り合わせであって、異次元の世界ではないのです。
つまり、同じ空間、同じ地平、同じ国や町の中に、ご先祖様や
神様が生活しておられると言うことです。

さて、今月8月は、一般的に「かまぷた」といって、地獄の
釜の蓋が開いて、亡者がわんさかこの世にでてくるそうです。
なので、海や山や川に行くときには、その亡者たちに引っ張られる
かもしれないので、特に気を付けねばならないのだそうです。

しかし神道の世界観では、8月に限ることなく、ご先祖様達は私たちの
すぐそばにいたり、同じ地域で生活しているのです。
私たちの目には映ることがなくても、同じ空間にたくさんのご先祖様達が、
この世に未練が無くなるまで生き続けているのです。

そして、「あぁ。俺がいなくてもみんな楽しく暮らしていけるんだ。なんか
ほっとしてきたなー」というような想いが強くなっていくと、その地域の中で
最も高い山に続く川から、山肌を流れる渓流を通り、その山のてっぺんから、
遠い祖先の魂とひとつになり、もはや個人ではなく、祖先の御霊として一族を
永遠に護っていくと言います。

さて、昔から夏の風物詩としてテレビなどで「恐怖の心霊」的な
番組をよくやります。
その際に「この心霊はこの世に恨みをもって・・・」みたいなコメントが
入りますけど、神道の世界観からしたら、
「はぁ?なに勝手に怖いものにしているの?」
と思ってしまいます。
だって、そこら中にご先祖様や亡くなった方がいるんだから、
たまたま写真に写ったってどうということでもなく、恨みがあってなどと、
とんでもないことですよ。。

でも、「心霊スポット巡り」などと、住んでいる場所の近所で不要に騒がれたら、
ご先祖様だって普通に怒りもします。生きている私たちだって、
もし近くに知らない人が突然来て騒いだりしたら、当然怒りますもんね。
気を付けてくださいませ。

さあ。それを知った上で、何度か登場させているこの写真。どう思いますか?
h27大祓い予告
スポンサーサイト

10:13:05
h27ゴーヤ初収穫h27ゴーヤ初収穫
今年の初収穫です。
当社大公孫樹の会で、境内で育てているゴーヤが初収穫となりました。
初めて出来たゴーヤを、御神前にお供えします。
神様の御利益を戴いて、立派に実が成ったゴーヤは、
まさに神様の稔りで賜り物です。
先ず、神様にお供えして感謝申し上げます。

「初穂料」の名前の由来はここにあります。
初めて出来た稲穂は、生産者ではなく
先ず感謝を込めて神様に召し上がっていただきます。
私たちの命を繋ぐ食べ物は、神様からの賜り物です。
その感謝の想いを、今では「初穂料」というお金で表すということで、
神様に対しての感謝の想いや、願い事に対しての
気持の大きさを表すことになります。
他の食べ物ではなく稲穂である理由は、稲穂は
「斎庭の稲穂の神勅(ゆにわのいなほのしんちょく)」
によって、神様から日本人の食べ物として賜った経緯があります。
一粒の種が万倍にも増える「一粒万倍(いちりゅうまんばい)」の
神様の世界の食べ物を、私たちはいただいているのです。

「斎庭の稲穂の神勅」とは、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、孫のニニギノミコトを
芦原中国(あしはらのなかつくに=日本のこと)を統治するため
高天原(たかまのはら)から地上に降ろします。
これを「天孫降臨」と言います。
そのときに、天照大御神が与えた神勅の中に
「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」というものがあります。
「神勅」とは神が与える命令、文章、言葉のことですが、
この神勅がどのようなことかと簡単に言えば、
「神々が住む高天原にある稲を授けるから、地上で稲作を行いなさい。」
というものです。
故に、天皇陛下も皇居にある田んぼで、田植えをや稲刈りを行っております。
また、神社では必ずお米をお供えします。

もちろんお米だけに限らず、全ての食べ物は神様の御利益で
立派に成長します。
ですから皆さんも「飲水思源」の言葉通り、感謝して頂いてください。
「お陰様で」という、大切な想いです。

10:29:47
東照宮400年式年祭が、日光に鎮座まします東照宮で、
5月15日~20日まで執り行われ、ご招待をいただきましたので
行ってまいりました。
東照宮400年式年祭東照宮400年式年祭
「日光を見ずして結構という勿れ」という言葉通り、
絢爛豪華な式年大祭でした。もはや「素晴らしかった。」
以外の言葉が見当たらないほど、神社も人も大変なものでした。
かつて私はこちらのお宮に奉職しておりましたので、
お世話になった職員の皆様方や、すでに退職されて
私同様式年大祭に参列した方々や、お宮を通してお世話になった
日光の町の中の方々など、たくさんの懐かしい人たちに
声をかけていただけました。昔話は楽しいですね。。
東照宮400年式年祭東照宮400年式年祭
「祭典に先立ちてお祓い」              「舞楽 胡蝶の舞」
東照宮400年式年祭東照宮400年式年祭
日光の町中でも、各町内の花屋台が東照宮400年式年祭に
花を添えます。本来この花屋台は、日光の産土神である
二荒山神社の祭礼にしか繰り出しをしませんが、やはり
東照宮の式年祭ですから、特別にお祝いのようです。
午後からは東照宮客殿で直会です。東京都庁を設計した
丹下健三事務所で設計された素晴らしい建物です。
祭典期間中、一度も雨に降られること無く恙なく祭礼が
執り行われたことは、まさに神様の御心であろうかと思います。
これからも光り輝く日光であり続けて欲しいと、お祈り申し上げます。

15:40:13
告知です。
大変申し訳ありませんが、
当社正月祈願は、例年14日のどんどん焼きまでやっていましたが、
本年の新年祈願は、8日までとさせていただきます。

今年のお正月は参拝者が大変多く有り、
御祈祷でお渡しする破魔矢などが無くなってしまいました。
ですので、誠に勝手ではございますが、
9日以降の祈願は、通常通りの祈願にさせて頂きます。
よろしくお願いします。

                   今 宮 神 社

08:59:54
初詣は今宮神社へお参りください。
1月1日は午前7時~夕方5時まで
1月2日~6日までは午前8時~午後5時まで
御祈祷の受付をしております。
7日以降は午前9時~午後4時までです。

1月1日~5日までは、氏家小学校の校庭を駐車場でお借りしていますので
境内駐車場に止められないときには、そちらを利用してください。。
1月6日からは、境内駐車場のみとなります。

新年祈願は14日までですので、御参拝ください。。
本日で本年も終了です。やり残したことはありませんか?
みなさん。。よいお年をお迎えください

プロフィール

Author:今宮ぐうじ

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。